×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オークリー ジャパンの歴史

オークリーは1975年モトクロスのハドルグリップメーカーとして誕生しました。オークリーの創設者はジム・ジャナードです。オークリー ジャパンが創設されたのは1997年のことです。オークリーはハドルグリップの会社として創設され、その後、オークリーはゴーグル事業に参入します。今やオークリー=サングラス!というほどサングラスが有名ですが、オークリーがサングラス事業に参入したのは1980年に入ってからです。

オークリー サングラスの魅力

オークリーがサングラス事業に参入したのが1984年です。今ではオークリー=サングラスというイメージが強い方がほとんどでしょう?!オークリーのサングラスは人気が本当にありますが品質もトップクラスです。アメリカではアイウェア業界で最も厳しいと言われているアメリカ工業規格ANSI Z87.1があります。オークリーのサングラスはANSI Z87.1の8部門全てで基準値を倍近くクリアーしています。これはアメリカのアイウェア業界ではオークリーのサングラスしかないそうです。品質の高さがオークリーのサングラスの人気を裏付けているんですね。また、オークリーのサングラスには独自の特殊技術が多く用いられ製造されています。例えば、オークリー サングラスの最も代表的な特殊技術がXYZオプティクス技術です。これは、様々な角度から見ても正確に映像を捉える技術で、工学的にレンズをXYZの3軸で補正し視野を確保しています。

オークリー サングラスの人気

オークリー サングラスが人気があるのには様々な理由がありますが、個人的にはオークリー ジャパンの製品に採用されているアジアンフィットという技術が一つの要因だと思っています。やはり、オークリー サングラスを欧米人が格好良く着こなしているカタログやシーンを見ると良いなぁと思って購入してみると・・・やはりアジア人は欧米人に比較してホリが深くないので思ったようなスタイルにならないことが容易に考えられます。その時に、良いのがアジアンフィットされたオークリーのサングラスです。アジアンフィット化されたオークリーのサングラスは、UNKNOWN、FIVES 3.0、GASCAN ASIAN(6カーブ)です。また、ノーズボムの交換でアジアンフィット化するモデルとして、JULIET(アジアンフィットでは無いが、ノーズボムが大小付属)、HALF JACKET、SPLICEがあります。オークリー サングラスでは日本人はアジアンフィット化されたモデルが似合うと思います